About "Kagurazaka 50ban"神楽坂五十番について

先代から引き継ぐ伝統の味。「神楽坂五十番 総本店」について

創業昭和三十二年。
神楽坂五十番の歴史

昭和32年創業『神楽坂五十番』は、その社名のとおり神楽坂が発祥です。
昭和58年に百貨店出店のため有限会社を設立、
平成27年にのれん分けをし、
平成29年に創業地である神楽坂に総本店をオープンしました。
のれん分けにより、現在神楽坂には2店の「神楽坂五十番」があります。

私たちは先代の血筋を引き継ぐ唯一の企業として、
創業当初の想いを忘れることなく、
先代より伝わる伝統の技を守り続けます。
安心してお召し上がりいただける信頼と品質のお店が
『神楽坂五十番 総本店』です。

先代が営業していた神楽坂の店舗跡地に「神楽坂五十番 総本店」があり、
銀座駅直結の松屋銀座店、東京駅直結の大丸東京店に常設店舗がございます。
また、全国各地での催事も多数行なっています。

神楽坂五十番 本店神楽坂五十番 本店

昭和30年代、東京の夜の繁華街として有名であった神楽坂。
先代が創業したばかりの中華料理店「五十番 神楽坂本店」では、
多数の調理人を抱えていたがため、
中華料理店単独での経営は大変に苦しいものでした。
考えに考えついた後、苦肉の策として編み出したのが、
当時の中華料理店では行っていなかった、
肉まんやあんまんといった中華まんのお持ち帰り販売です。

しかしながら、開始当初からうまくいったわけではなく、
当初は1日10個程度しか売れなかったと聞いています。
辛抱強く製造・販売をし続けて約10年。
昭和45年頃に週刊誌に取り上げられてから販売数が好転し、
神楽坂を代表する有名店として名乗りを上げることとなりました。

先代より伝わる伝統の技とみずみずしい旬の国産素材にこだわり、
添加物や保存料に極力頼らない
安心・安全をめざした商品をご提供しています。

添加物や保存料に極力頼らない、
安心・安全をめざした商品づくり

国産豚肉に国産野菜、厳選素材をふんだんに使った肉まん・点心の数々。
鮮度にこだわった旬の素材を使うからこそ、
栄養価も高く美味しさも格別です。

また、添加物や保存料に頼らない商品を中心に、
安心・安全なこだわりの肉まん・点心を提供しています。

看板商品の大きな肉まんは、ふっくらとした皮と
ジューシーな具の絶妙な組み合わせをお楽しみいただけます。
ぜひ一度お召し上がりください。